31日 5月 2023
大谷選手152キロ死球悶絶 骨に異常無し
米大リーグ・エンゼルスの大谷投手は29日(日本時間30日)、敵地ホワイトソックス戦に「3番・DH」で出場。初回の第1打席で右足に死球を受け、絶叫。悶絶しながらも一塁へ歩いたが、大谷選手で一番怖いのは怪我。今回は大きな怪我にならなかったのが幸いしたが、死球が一番怖いと思っていたが、右足ふくらはぎで良かった。相手も内角を攻めてくるので気をつけてほしい。避け方も重要です。WBCチェコ戦での佐々木朗希がぶつけたデッドボ-ルを思い出した。
25日 5月 2023
HONDA 2026年よりF1世界選手権復帰
今月24日、自動車レ-スの最高峰、F1世界選手権シリ-ズに2026年より復帰すると発表しました。英国が本拠地のアストンマ-ティンにエンジンを含むパワ-ユニットを供給する複数年契約で合意しました。100パ-セントカ-ボンニュ-トラル燃料が義務付けられていますが今後の活躍が期待されます。2023年現在、F1(Formula 1)においてはカーボンニュートラル燃料の使用が推進されています。F1は世界的に規模の大きなモータースポーツイベントであり、燃料の使用による二酸化炭素の排出量が大きな課題となっています。そのため、F1は持続可能性と環境への配慮を重視し、カーボンニュートラル燃料の導入を目指しています。 F1の規制によれば、2022年からカーボンニュートラル燃料の割合が段階的に増えていくことが定められています。具体的な目標としては、2022年から2025年までは最低5%、2026年から2030年までは最低10%のカーボンニュートラル燃料の割合を使用することが求められています。F1がカーボンニュートラル燃料の使用を推進することで、意識と持続可能性への取り組みが高まることが期待されています。
12日 5月 2023
ChatGPTの活用
OpenAIよりChatGPTの提供が始まりましたが、活用方法によっては大変便利なもので一部導入を始めていますが、Googleアカウントを持っていると容易にアクセス可能です。
09日 5月 2023
世界柔道66kg決勝
阿部一二三選手と丸山城志郎選手の試合は何度見てもしびれます。これこそが本当のライバル関係で双方どちらが勝ってもおかしくないとてもハイレベルな試合です。過去の戦績も阿部6勝・丸山4勝とほぼ互角。今回は2名の出場でしたがお互い決勝までは危なげない試合で圧倒的な強さを見せ、他国選手とのレベルの差はかなり大きいと思います。この二人、いつも負けた方が本当可哀そうな感情にかられますがお互い試合をすることは楽しいんでしょう・・・双方天才ではなく、努力の人ですが力の差は無いと思います。見ている観客達もレベルの高い試合に声がありませんでした。反則負けはあまりにも高いレベルの試合に水を差す残念な出来事。ちょっと気になるのが勝った阿部選手のオーバ-リアクション・全くもって不要で柔道は相手に敬意を示す武道でそういう意味でもとても残念な行動です。丸山選手の柔道家としての態度や立ち振る舞い、外国人を切れの良い技で倒す技術はとても好きでまだパリ五輪出場諦めないでほしい。この階級2人がレベル的にも突出しており、どちらが出ても金メダルは間違いないと思います。個人的にはパリ五輪は年齢的にも丸山選手を代表にしてもらいたい。
08日 5月 2023
日本ラグビ- 待望の強豪グル-プ入りへ
国際統括団体ワ-ルドラグビ-が世界の強豪を指す上位Gに日本を入れる見通しのようである。2019年ワ-ルドカップでの8強入りした実績が認められたもので国際的な存在感が増す期待が大きい。近くWRの理事会で承認されれば従来ティア1と呼んでいた強豪10ケ国に日本を加えて「ハイパフォ-マンス・ユニオン」という名称で呼ばれるようになる見込みです。日本は今まではティア2でしたが夢のティア1に属すれば、日本ラグビ-の大きな夢を達成することになります。ラグビ-ファンとしては感極まるNEWSと言えます。ティア1の方が馴染みがあるが、今後の更なる頂に挑戦してもらいたいと思います。オ-ルブラックスを打ち砕け!
24日 4月 2023
世界初のダイヤモンド半導体パワ-回路を開発
佐賀大学がダイヤモンドを使い、世界で初めて「パワ-回路」の開発に成功したとの発表をしました。社会において大きな電力を制御する必要性は年々高まっています。電気自動車の普及が進み、電気で動く空飛ぶクルマや飛行機も登場しています。更に電力需要が増え、変電所が扱う電力も当然大きくなると考えられています。そこで実用化が期待されているのが現在主流のシリコンに比べて理論値で5万倍の電力を制御する力があるダイヤモンド半導体です。その開発の道のりは困難の連続で 開発を前進させたのは研究者同士の意外な出会いと聞いております。実現できればその活用の場は大容量無線通信から医療機器、宇宙空間にまで広がっていくとされています。今回の開発成功はその第一歩と言えると思います。こういう開発・研究に日本は資金を投じるべくと考えます。
19日 4月 2023
上海モータ-ショ-EV『主戦場』日本メーカ-は正念場
自動車全体の世界販売ではTグル-プは22年1048万台で2位のVWの826万台に大差をつけたがEV販売では僅か2.4万台とシェア0.3㌫で世界28位に沈む。1位はテスラ126万台、2位は中国BYD86万台と比較にならない。新戦略では26年までの短期間で60倍の150万台に増やすというが先行する2メ-カ-も当然大幅に伸ばす為、Tは依然としてかなりシェアは少ない。TのEV嫌いで電池の王者Pも世界4位まで落ちた。テスラはギガプレスという大型の鋳造機を使い、車のボディほとんどを溶接なしで世界を驚かせた。日本メーカ-はまだまともなEVを作る技術も乏しい中、これからが正念場と言えると思います。自動車産業が日本の製造業の下支えになっている昨今、懸念すべき動向と言えます。
12日 4月 2023
安全な乗り物のはずが・・・
沖縄県の宮古島で10人が搭乗した陸上自衛隊ヘリが消息を絶った事故は機体の捜索が難航しています。事故の約2分前の高度が低かった等、憶測が報道されているが、ベテランパイロットが搭乗したヘリがこんな形で消息を絶ったことは残念ですが、安全な乗り物と思っていたヘリがいずれにしろ墜落した可能性が高いことにショックを受けています。早い原因究明が急がれると思っています。
10日 4月 2023
道路交通法の改正によって2023年4月から自転車ヘルメット着用努力義務化
道路交通法の改正に伴い、2023年4月から自転車ヘルメット着用が全国で努力義務化されます。背景には自転車による事故が年々増えている事があります。自転車死亡事故の約7割が頭に致命傷を負っており着用していない場合の致死率は着用している場合と比較すると約2.3倍も高くなっており、自転車用ヘルメットを着用し、頭部を守ることが重要な状況のようです。皆様方も自転車に乗る際は、身を守る重要なアイテムであるヘルメットを被るようにしてください。自分の身は自分で守りましょう!
06日 4月 2023
Masters4月6日木 開幕
待ちに待ったマスタ-ズ2023が本日より開幕します。日本からは2名で松山英樹選手と比嘉一貴選手が出場します。活躍に期待したいところですが又、寝不足になりそうです。

さらに表示する